BOLY
NOTE
THE BOLY OSAKAのブログ

THE BOLY OSAKAのブログ
BOLY NOTE

NOTE

初めまして。GMブログ

Dec.21

初めまして。

THE BOLY OSAKAゼネラルマネージャーの間宮尊(たつと)です。

当ブログではホテルの裏側や思いの丈を不定期で更新していきます。

※本サイトは2月中旬に公開いたします。

 

 

1990年大阪堺市生まれ。

多摩美術大学卒業後、広告制作会社プランニング職5年間在籍のち現職。

 

まず、何がどうなって私はホテルのGMになったのか?

そしてこのホテルは一体何なのか…。

今回は大まかな経緯をご説明させて頂きます。

 

インフィクスという会社があります。 http://www.infix-design.com/

これは私の父(間宮吉彦)が代表をしている空間デザイン会社で、カフェやライブハウス、商業施設、ホテルや旅館なども手掛けてきました。

最近の代表作は東急プラザ銀座ですね。

 

 

あらゆるクライアントの空間やプロジェクトに携わっていますが、それに飽き足らず「自分のホテルを作りたい」と考えるようになり、自社ビルを改装してホテルにする計画が始まりました。

 

作るのはいいけど、運営はどうするのか?

普通はホテル運営会社に委託するのですが…

 

そもそも空間というのは造って終わりではなく営みによって日々変化します。ハードウェアだけでなく、ソフトウェア、サービスまで含めて手掛けることが理想です。ということで、運営も自社で手掛けることになりました。

 

所有・企画・運営・デザインを全て自社でやる。

ホテルシステムサービスが充実している為、異業種の新規参入が比較的容易になったとはいえ、実は世の中であまりないことです。

 

じゃぁ、実際に誰が運営するのか。

ここで私、息子が登場します。

 

東京の某H広告制作会社でプロモーション領域のプランナーをしており、過労と達成感が連続する日々は楽しかったのですが、どこか寂しさもありました。

 

一つはクライアントワークということ。

結局は自分たちで商品を作っている訳ではないので、プロダクトを弄れない。

 

単発で消費される制作物を作ることにも虚しさを覚えていました。

新鮮なネタを仕入れて5秒で提供する寿司職人みたいな働き方です。

 

大学でアート作品の制作に勤しんでいたということもあり、一つの「もの」をじっくりと作り込み、さらにお客さんや世の中の反応を感じながら作り変え、ブランドを育てていくことに憧れていました。

 

で、ホテルを是非やらせて欲しいと…。

このような経緯でホテル計画が始動しました。

 

今後も当ブログサイトにて立ち上げの裏側や思いを更新していきます。

たまに覗いて頂けますと幸いです。

 

末長く、よろしくお願い申し上げます。

 

間宮 尊

TAGS

PICK UP
ピックアップ記事